難しい?簡単?基本的なホームページの作り方

ホームページを構成する言語

ホームページ、WEBサイト、いろいろ表現がありますが本質としては同じことになります。つまり、HTMLによって記述されたハイパーテキストということです。さらにいうならば、HTMLは「内容」を記述するためのものなのであって、「見栄え」をそれに頼ってはいけないことになっています。ホームページの「見栄え」はスタイルシートというものによって記述される決まりになっているのです。覚えなくてはいけないものがふたつに増えてしまって、初心者としてはここでくじけてしまいそうになりますね。実際問題として、これらを使いこなすのは容易なこととはいいがたいでしょう。しかし、ここで良い知らせがあります。実はそんな細かいことは何も心配しなくていいのですよ。

実は覚えなくてもいい?

というのも、この世には「ホームページ制作ソフト」というものがあるからです。こうしたソフトにもいろいろな種類があり、中には専門知識を前提とした入力支援型のものもあります。知識があればこうしたタイプのソフトも便利なのですが、ここはもっと簡単な道を選びましょう。特別な知識がなくても、ホームページを簡単に作れてしまうソフトがあるのです。こうしたソフトの特徴は、「見栄え」を直接操作できるという点にあります。難しいことは何も考えずとも、思い通りのホームページが作れるのです。もちろん「最適化」されるわけではないのでデータ量は増えてしまいますが、少しHTMLを学べば軽量化は簡単にできます。ホームページ制作は、努力の成果が明確に発揮できる世界だといえるでしょう。

ホームページ制作の実績はとても分かりやすく、URLを提示することで、成果を見せることが可能です。ただしそれを本当に自分が制作したことを証明する必要はあります。