誰でも簡単!初めてのホームページ作り

ホームページ作りの最初の一歩は、メモ帳から

自分だけのホームページを作りたいけど、専門的な知識が必要そうで敷居が高い。そんなふうに感じている方に伝えたいのが、「ホームページ作りはメモ帳でもできる!」ということです。メモ帳とは、多くのパソコンに最初から付属している、簡易なテキストエディタのこと。このメモ帳に「HTMLタグ」というホームページを構成するための言語を書き込み、HTML形式で保存するだけで、ひとつのページが出来上がります。これだけ聞くと、意外と簡単そうに思えてきませんか?
でも、その「HTMLタグ」というものが、そもそも難しそう……と考えてしまった方も安心してください。HTMLタグは基礎部分の書き方さえ覚えてしまえば、最低限のページを作ることは可能です。あとは必要に応じて、装飾用のタグなどを少しずつ習得していけばよいでしょう。

テキストエディタやホームページ作成ソフトを活用してみる

どうしても自分だけでホームページを作るのは不安、という方については、高機能なテキストエディタやホームページ作成ソフトを利用するという選択肢もあります。パソコンには初期からメモ帳が入っていますが、ネット上にはそれ以外にも、さまざまな機能がついたテキストエディタが数多く公開されています。そのなかにはHTMLタグの入力を補助するようなものも存在するので、使いやすそうなテキストエディタを探してみるとよいでしょう。配布形式が有料のものと無料のものがあるので、最初のうちは無料のものを試してみるのがおすすめです。
ホームページ作成ソフトについては、その名前の通り、ホームページ作りをサポートしてくれる専用のソフトとなります。こちらは有料のものがほとんどとなりますが、HTMLタグの詳しい知識がなくても、簡単にホームページが作れるのが魅力です。

ホームページ制作には専門的な技術が必要ですから、意外にお金がかかるものです。ホームページ制作の見積もりしっかりとって、賢く作成しましょう